ホーム > カンタムシートの開発経緯
鉱石マイナスイオンフォトンフォルミー.jpg

ダイナミック効果

このフォトンホルミーダイナミック理論は、独自に開発された数種類の天然振動鉱石と光子(こうし・Photon)による電磁相互作用を媒介する特性を複合


そして両者のシナジー反応により生じたコンプトン効果(光子と量子の弾性散乱による運動量)により、軌道の直線方向により強力なエネルギーを放射することが可能となった。

この大自然と宇宙のエネルギーの恵によるPhoton Hormeyは、医療・エネルギー・農業・環境問題など幅広く活用ができ多様な可能性が期待され、その即効性は現代におけるエネルギー革命と言える所以である。

 

天然振動鉱石(Resonance stone)
精製分別された(天然温泉鉱石を主体)純度の高い32種類もの天然鉱石をブレンドして開発されたこの振動鉱石は、その交差する格子網を流体(水・油・電気等)が通過した時、物質組成上の変化現象、すなわち、イオン現象(イオンバランスの調整)が起こる。この振動鉱石から発するガンマ線はミクロの網をつくり、そこを通過した流体のクラスターを小さくする働きがある。また、流体を追いかける習性からこの物体エネルギーを高める特性があります。
 

yaosan.png
東久邇宮文化勲章.jpg

カンタム

カンタムとは量子と言う意味です。稀少鉱石12種類をナノ化して、それを特殊加工によりジェル化、それを編状のシートに成型したものです。そのシートはカンタムシートと表示します。1千万分の1mm以下の大きさの粒で物質を構成する原子に作用します。エネルギーの波長帯は可視光線の領域遠赤外線放射します。

カンタムは極小の微弱振動エネルギーを放出していますが、人体にはまったく無害です。カンタムシートにセシウムやストロンチウムは含まれておりません。更に磁器レベルは30~50ミリガウス以下で地球の名部から放射される磁力より以下のレベルですのでご安心下さい。この安全なカンタムのエネルギーを利用して弊社では生活用品からエネルギー用としての様々な製品を開発いたしました。

カンタムシート

​◆温泉鉱石は適量であれば人体に対してバランスの取れた有益な刺激を与えることが知られています。
◆アルファ線は水流に作用してマイナスイオンを発生させます。
(これが界面活性作用を発揮する。)
◆マイナスイオンは水のクラスターも小さくします。
◆水を限りなく中性に向かわせます。
◆遠赤外線は分子に振動エネルギーを与えて運動を活発化させて、化学反応を高めます。

◆​1千万分の1mm以下の大きさの粒で物質を構成する原子に作用します。
◆エネルギーの波長帯は可視光線の領域遠赤外線放射します。
◆カンタムは極小の微弱振動エネルギーを放出していますが、人体にはまったく無害です。
◆磁器レベルは30~50ミリガウス以下で地球の名部から放射される磁力より以下のレベルです。

 

この安全なカンタムのエネルギーを利用して、生活用品からエネルギー用としての様々な製品を開発いたしました。

カンタムシート+磁石
カンタムに数千ガウスの磁石をカンンタムシートで包み込むようにセットした商品もあります。
超微細振動がさらに強力化されることで、かきまぜる役割を担っています。

rurudo.jpg
ルルドの泉の水の結晶写真
カンタムシートから発生されるマイナスイオンは水を構成するプラス原子である水素イオンと反応しやすいのでこれと同じ原理です。水中の水素+マイナスイオン=マイナス水素イオン

20秒間で発生した1㎤中のマイナスイオンの個数を鉱石用測定器で測定。

カンタムシートから約2500~7000のマイナスイオンは約2年維持。

この消費者安心マークがブランドマークです。

商標.jpg

​カンタムシートを開発してから

利用方法について様々な検証を行ってきました。

料理水.png
青虫の被害少ない.png
農業.png
犬も喜んで.png
花がイキイキ.png
農薬なしでも.png
スプレーのみ.png
車内マイナスイオン.png
排気ガスからマイナスイオン.png
マフラーに測定器.png
排気ガスの測定.png

※現在は、車の燃費を良くする「カンタムエアーハイブリッド」は、車の販売店にしか販売していません。

車関係の会社からはこちらからお問い合わせください。

商品の一覧はこちら